投資の勉強株式会社

投資というツールを通して人々の人生を豊かにする

注目株情報(2021年10月22日版)

  • 2021.10.19

岸田新内閣がスタートしてすぐに株式市場の洗礼をうけた。エコノミスト誌は岸田ショックと名付けている。ただ衆議院総選挙もハイスピードで行うことから積極財政投資を行うことから相場は反転しそうである。国内ではコロナ問題が明るい見通しのため。国内産業が活性化してくると見る。日本郵政の1兆円の新株売り出しがある。 日本郵政2021年10月18日:終値 911.6円 100株単位 (6178) (第3回、新株売 […]

注目株情報(2021年10月15日版)

  • 2021.10.12

中国の不動産バブル崩壊の展開で日本株の低迷しています。中国メディアは中国不動産大手の合生創展集団が恒大物業を買収するとの観測を報じ一時合生創展の取引も停止された。融創(ゆうそう)中国、華夏幸福、も経営不振が伝えられ、花様年控股集団(ファンタジア・ホールディングス・グループ)は10月4日、同日に返済期限を迎えた2億0600万ドルの債務を返済 出来なかった。また韓国では仮想通貨事業者の廃業が […]

注目株情報(2021年9月11日版)

  • 2021.09.11

総裁選挙あり衆議院解散総選挙もありと、政局のよる市場の動向変化が見込める。総裁選は河野さん、岸田さん、高市さんで争う事に。3人の候補者とも財政の積極的な投資を政策に出している。建設業界に影響がでるのは明らか、全国の橋の建て替え、全国のトンネル補修と作り変え、港湾の拡大など無尽蔵にある。どの総裁候補とも、超長期国債にて資金調達を図り、国内投資を行うとしている。中心は30年債。到来すル超高速情報通信社 […]

今週の注目株式(2021年9月第2週)

  • 2021.09.06

ダイセル(4202)(2021年9月6日前場終値879円) 同社は、天然素材「酢酸セルロース」の海洋での生分解性を飛躍的に向上させた製品「CAFBLO(キャフブロ)」を手掛けるなど、海洋プラスチックごみ問題に対する有効な解決策として注目度が高い。プラスチック材料と同様に加工することが可能で、様々な用途に使われ、使用後は水と微生物の働 きで自然に還るという環境重視の製品である。予想以上の好業績の企業 […]

今週の総括 週末下落するも引けで3万台維持

  • 2021.02.19

本日の日経平均は30017円92践218.17円安で終了した。今週は水~金曜日までの3日間日経平均は続落したが、月、火と上昇したため、先週末に比べて約500円の上昇になった。月曜日15日には30年6か月ぶりに日経平均は3万円の大台を回復し翌日16日にはザラ場では30714円まで上昇した。その後はさすがに利食い優先となり上昇も一休みという状況になった。米国も金利上昇により今まで相場を牽引してきた半導 […]

速報 日経平均30年6か月ぶりの3万円大台回復

  • 2021.02.15

15日の日経平均は30084円15銭で564円08銭高と大幅反発1990年8月以来の3万円大台回復となった。2020年10月~12月期のGDP成長率が市場予想を上回り、コロナワクチン国内到着等経済活動正常化への見方も強まり、前場3万6円からいったんは200円前後下押したが結局引けまでに買われ、高値に近い形で終了した。ファーストリテイリングとソフトバンクG、オリンパスの3銘柄だけで日経平均を約220 […]

3万円の大台に迫る日経平均とトピックスの高値更新 注目は海外投資家の動き

  • 2021.02.13

2月12日の日経平均は29520円07銭42.86銭安とさすがに一休みというところだったが、2月2週目も約740円余りの上昇となった。騰落レシオも3日連続で過熱しているとされる120前後で推移し、予想を上回る好業績上方修正が多くみられた決算発表も主力銘柄はほぼ一巡した。普通であればここから3万円の大台を超えて株価が上昇するには何か新しい材料が出ないと難しく、いつ調整がきてもおかしくない水準だと思わ […]

続報 トヨタ決算

  • 2021.02.10

トヨタは10日決算を発表し、最終利益見込みを従来の1兆4200億から1兆9000億に上方修正した。アメリカ 中国 日本など主力市場の販売増が要因。ただ株価は事前に織りこまれていたこともあり、発表前に8250円を付けたが、引けは8130円と伸びなやみ終了している。

2月10日 トヨタ決算

  • 2021.02.10

2月10日 13時25分からトヨタ(7203)の2020年4月から12月の第3四半期の決算発表があります。トヨタ系の部品メーカーであるデンソー アイシン精機、トヨタ合成等が軒並み業績を上方修正してきており決算期待が高まり前場値を上げています。時価総額日本1位の会社であり投資家心理に与える影響は大きく、本日の決算は注目されます。

バブル後高値連日更新の日経平均とトピックス 

  • 2021.02.09

本日日経平均は一時前日比マイナスとなる場面もあったが結局引けでは29505円93銭と117円43銭高で終了し、これにより2月に入り1800円以上の上昇となった。指標面で見ると騰落レシオ(25日)が過熱しているとされる目途の120をやっと超え、124.12になってきた。ここ数ヶ月の間日経が大幅上昇しているにも関わらず、騰落レシオは100前後で推移し120という過熱していると想定されるところ迄は不思議 […]